TOTAL:  TODAY: YESTERDAY:

悠々徒然

 徒然なるままに、気まぐれに、パソコンに向かひて、心にうつりゆく由無し事を、
そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそ興に入りけれ・・・!?
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
MOBILE
qrcode
PROFILE
SEARCH
有谷まほろ個人サイト
[総合]STUDIO 朧
[俳句]朧庵
LINKS
<< [信On]いざ高千穂 | main | [買い物]レトロゲーム買い漁り >>
[PC]ゲーメストムック「SoundComplete SuperStreetFighterII X」の付録CDをWindowsで使うための覚書
長いタイトルの記事ですな(´・ω・`)


さて、ずいぶん昔の話ではありますが、
平成6年発行の、ゲーメストムックvol.1
「サウンドコンプリート・
  スーパーストリートファイターII X」
というのがありまして。



当時大流行していた“スト2(スパ2X)”の
全ステージのBGMの楽譜(スコア)が中心の内容という、
なかなかコアなムックです。

このムックには付録でCDが付いてまして。

全ステージの実際のBGMが、通常バージョンと
決着間近になったときのハイスピードバージョンと、
それぞれ収録されているという、
サントラ好きにはたまらないCDなのです。

ところがこのCD、問題がひとつありまして。

というのは、Mac用のデータが同時収録されている、
CD-ROMでもあったんです。
Mac用のデータはCDの1トラック目の扱いで入っていて、
2トラック目以降がオーディオCDという仕様。
このため、通常のCDプレイヤーであれば、
1トラック目をとばして2トラック目からの再生が
可能なんですが……
CD-ROMなどのデータ認識に対応した機器では、
1トラック目が邪魔をして、正常に使用できないというモノ。

もちろん、Macで使う分には問題ないわけですが、
ウチにはMacなどありません(´・ω・`)

Windowsで使おうとしても、
このCDをMac形式のデータディスクとしか認識してくれず、
オーディオCDとしては認識してくれないのです。
中にはオーディオ部分の再生に対応しているプレイヤーソフトも
あるにはあるんですが、
ただ、曲のデータをそのまま取り出すことは出来ず。


WindowsのiTunesにインポートしたいなー


というのが、実はこの何年かの望みでもありました。
当然iTunesをもってしてもオーディオCDとは認識されず、
iTunesのリストには、CDを入れたドライブ自体が表示もされず。


……が、ようやくついに、その方法を発見したのです!(`・ω・´)


これには、キーとなるソフトがあります。

「HFVExplorer」という、
Mac形式のデータディスクをWindowsで読み込むことが出来る
フリーソフトです。
ただし、開発者からの配布が既に終了している古いソフトのため、
どこか別のところでデータを置いているページを捜す必要があります。
まぁ、検索すればいくつか出てくるのではないかと。

ダウンロードソフトの使用は、個人の責任でお願いします!
使用における諸問題に、当方は一切の責任を負いません。
使用前に、しっかりセキュリティスキャンを行うなど、
各自じゅうぶんな対策を行ってください。



そのソフトを見つけたら、
インストール(展開場所を指定するだけ)して起動し、
それを起動させたまま、同時にiTunesを起動させます。

すると、あら不思議!

なんとiTunesに件のCDの内容が表示されるではないですか!!

もちろん、再生もインポートも可能です。

「HFVExplorer」を起動している間だけ認識されるわけです。

ただし、ウィンドウのフォーカスを
iTunesから別のアプリケーションのウィンドウに切り替えたりすると、
iTunes上でのCDの認識が途端に切れてしまうことがあるようです。
その場合には、再度上記の方法で認識させればいいのですが、
インポート中などには、iTunesから別のウィンドウへ
フォーカスを切り替えないことが望ましいかと思われます。


ちなみにWindowsXP上でのことなので、
ほかのバージョンではどうなるか分かりません(´・ω・`)


こんな情報を必要としている人がどれだけ居るか知りませんがw
とりあえず私は必要だったので、
ひとまず覚え書きとして残しておきますー。
| 有谷まほろ | PC | comments(0) | trackbacks(0) | - |









url: http://blog.aritani-mahoro.com/trackback/992862