TOTAL:  TODAY: YESTERDAY:

悠々徒然

 徒然なるままに、気まぐれに、パソコンに向かひて、心にうつりゆく由無し事を、
そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそ興に入りけれ・・・!?
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
MOBILE
qrcode
PROFILE
SEARCH
有谷まほろ個人サイト
[総合]STUDIO 朧
[俳句]朧庵
LINKS
<< [物欲]PCエンジンDuo本体を使えるヤツに | main | [サイト更新]冬コミイラスト3点掲載 >>
[ゲーム]ゲームセンターCXからはじまるゲーム雑記
このところの、ゲームセンターCXの影響ったらもぅ、
我ながらスゴイものがあると思う。

その影響によって、レトロゲーム回帰が進んでる。

私がTVゲームに初めて触れたのは、ファミコン創成期から間もなく。
友人の家に遊びに行って触れたのが初めて。
「ナッツ&ミルク」や「バンゲリングベイ」、
「デビルワールド」、「クルクルランド」などが記憶に色濃い。

その後、ファミコンを親に買ってもらって、
そのとき一緒に買ったのが「アイスクライマー」や
「イーアルカンフー」といったタイトルでした。

そこからずっとゲームとの生活(´・ω・`)
次々発売される新ハードも、次々と手に入れてきた。
もう数え切れないぐらいのゲームで遊んできたけど、
やっぱり、昔のゲームはゲーム性が高かったなぁと今にして思う。

Wiiのバーチャルコンソールをはじめ、
レトロゲームをダウンロードして遊べるサービスが
あっという間に一般化したのも、そういうところがあればこそ。


でも、まだまだ名作レトロゲームは眠ってる。


私がこれまで買ってきたゲーム機本体をいっさい手放さないのは、
惚れて買ったソフトをいつまでも遊べる環境でありたいのと、
いまだ出会わぬ名作ソフトとの出会いを期待してのことだ。


ゲームセンターCXで初めて魅力を知ったソフトも多い。
それどころか、タイトルの存在自体を番組で知ったケースも多い。
番組の影響でとりあえず今やってみたい
SFCの「プリンス・オブ・ペルシャ」なども、
番組で初めて知ったタイトルだ。


幸い、社会情勢として(?)レトロゲームの取扱量が、
ゲーム市場で拡大を続けている。
ゲームショップに行っても、必ずといっていいほど、
レトロゲームコーナーが設けられている。
そして驚くことに、数年前よりも“箱・説明書付き”が
圧倒的に数を増している。


愛媛県松山市内でレトロゲームを買うなら、
品揃えの面では、高砂町の「ゲームワン」。
かなりマイナーなタイトルまで品揃えが豊富なので、
探し物が見つかる確率は高い。
何なら、ディスクシステムのソフトまである。
松山市内でディスクシステムのソフトを扱っている店は、
この店以外にはちょっと知らない。
ディスクシステム本体が
現役の環境を持つ者としては嬉しい限り。
……ただ、上質なゲームになるほど多少値段が高めなのが
この店のネック。

そこからごく近く、中央方面の「キャンプ」では、
レトロゲームセールなども時々開催されていて、
ここでも時々、掘り出し物的なソフトを見かける。
ただ、「キャンプ」の品揃えはイマイチ。
値段と品揃えのバランスでいえば、
カメレオンクラブ系列店だろうか。
よく行くのは、枝松店と久米店。
バランスは良いものの、カメレオンクラブでは、
あまりマイナーなタイトルの在庫は期待できない。
また、人気定番ソフトの在庫も厳しい……。


20年30年が過ぎてなお、新たな発見があるというのが、
レトロゲームの楽しいところ。

しかも、昔のゲームって結構シビアなので、
一度ハマるととことん遊んじゃうのよね。
やっぱり、リメイクや別ハードでのDLよりも、
オリジナルを遊ぶのが一番嬉しい。


……とりあえず、目の前の目標は、
PCエンジンDuo本体の新調ってことで(`・ω・´)
| 有谷まほろ | ゲーム | comments(0) | trackbacks(0) | - |









url: http://blog.aritani-mahoro.com/trackback/992857