TOTAL:  TODAY: YESTERDAY:

悠々徒然

 徒然なるままに、気まぐれに、パソコンに向かひて、心にうつりゆく由無し事を、
そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそ興に入りけれ・・・!?
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
MOBILE
qrcode
PROFILE
SEARCH
有谷まほろ個人サイト
[総合]STUDIO 朧
[俳句]朧庵
LINKS
<< [ラジオ]連載漫画の歌限定リクエスト | main | [サイト更新情報]GALLERY(趣味)『うほっ!』 >>
[美術] 『明日の神話』恒久設置場所決定
岡本太郎の壁画『明日の神話』の恒久設置場所が、渋谷に決まったそうな。


一昨年の夏だったか、日本テレビで展示されていたときには、イラスト持込の旅のついでに見に行ったりもしたものです。
そして現在は、今年の6月29日までは、東京都現代美術館で展示されているそうです。

修復作業の行われた場所が、私が住んでいるところからかなり近い場所だったこともあって、思い入れのある作品です。
また、最近すっかりヘビーな読者になってしまった「ほぼ日刊イトイ新聞」もずっとこの作品の再生プロジェクトに関わってきたことがありまして、そういうところでも馴染みを感じる作品です。


恒久設置に手を上げていた場所は3箇所。
吹田(大阪)、広島、そして渋谷(東京)。


個人的には、原爆が投下され爆発した瞬間を描いたこの作品の舞台である「広島」を応援していたんですが……まぁでも、渋谷は、どうやら美術館などではなく、日常の中で多くの人が行き交う、駅か何かの連絡通路の壁面を設置場所とするようで、そういう点では、元々はホテル内に設置されるはずだったというこの壁画の、改まった場所ではなく公の生活の中にある芸術、パブリックアートとしての本来のあり方なのかもしれません。

心配なのは、設置後の作品の管理のあり方ですが……どのように管理されるのでしょうかね?
沢山の人の思いが集まって、長い時を超えて修復された作品ですから、心無い人間によって作品が被害を受けるようなことがなければいいなぁと思うのです(^^;
| 有谷まほろ | 美術 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









url: トラックバック機能は終了しました。