TOTAL:  TODAY: YESTERDAY:

悠々徒然

 徒然なるままに、気まぐれに、パソコンに向かひて、心にうつりゆく由無し事を、
そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそ興に入りけれ・・・!?
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
MOBILE
qrcode
PROFILE
SEARCH
有谷まほろ個人サイト
[総合]STUDIO 朧
[俳句]朧庵
LINKS
[俳句]第五回はぴかちゃん歯いく大賞
毎週通っていた歯医者も、今日で終了!
無事、治療が終わりました。

さてさて今日、歯医者の待合室にこんなポスターとチラシが〜。




チラシは頂いて帰ってきました(`・ω・´)
「はぴかちゃん歯いく大賞」!!
愛媛県内で実施の、歯に関する俳句のコンテストなのです。

はぴかちゃんっていうのは、愛媛県歯科医師会のキャラクターで、俳句の“は”に掛けて「歯いく」大賞……というわけです。

バカにしちゃいけませんよ。
なんてったって、大賞は5万円。
大きいですよー。

愛媛県在住じゃないと応募できませんが(@@;


ちなみに、このポスターとチラシをデザインしたのは、私です(`・ω・´)
| 有谷まほろ | 俳句 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
[俳句]高校生以外の俳句甲子園
毎年この時期の、恒例のイベントになっているのが「まる裏俳句甲子園」。

毎年夏に松山で開催されている、全国の高校生俳人が集う「俳句甲子園」というイベントがありますが、それを応援する意味も込めて……また“高校生だけにこんな楽しいことをさせておいてなるものか、自分たちにもやらせてほしい!”という大人たちの意見もあり、もう今年で6回目になる大会が、本日開催されました(^-^)

私は、第2回大会から、台本作成&当日の進行管理担当で、この「まる裏俳句甲子園」に携わっております。

以前、「タモリのジャポニカロゴス」っていうTV番組で、番組レギュラー陣と高校生とが、俳句甲子園形式での勝負をしていたことがありましたが、あれを見た方なら、高校生と大人との“ディベート(議論)”の内容の違いにお気づきの方もいらっしゃることと思います。
高校生はやっぱりどこか真面目でおとなしい印象がある反面、大人は、経験にモノを言わせたりもして、とにかく話題が豊富。それぞれの人が特徴のあるディベートを繰り広げるんですよ(@@;

そんな、大人同士のディベートを楽しめるのが、この「まる裏俳句甲子園」の醍醐味のひとつ。
予選を通過して、試合でディベートをする側も、それを観客として観る側も、とにかく楽しそう。
高校生の俳句甲子園と、形式はほとんど同じなんですが、印象はかなり異なります。

今日の大会での審査員を務めてくださった方たちのシメの言葉の中にあったんですが、俳句甲子園に出るような高校生俳人に、ぜひ、この「まる裏俳句甲子園」に来てもらって、勝負を観戦してほしいものです。
高校生のディベートは、決して悪いというわけではなくて、それはそれで良いんですが、“表”の方でよくありがちな、ただ相手の句の欠点を突くだけ……というようなディベートではない、なんと言いますかディベートの本質が、この大人のディベートにはあるように思うんですよ(`・ω・´)
なにより、ディベートを聞いててとにかく楽しくて引き込まれるんですね。

今回も楽しい大会でした(≧∀≦)
| 有谷まほろ | 俳句 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
[俳句]第10回俳句甲子園・1日目
毎年この時期に開催され、今では全国から参加校が集うようになった、松山・俳句甲子園。
今年で10回目の記念大会を迎えました。

今年は、昨年までやってた『俳句マガジン「いつき組」』の取材から開放されたものの、やっぱり覗きに行かなきゃねーということで、行ってきました(^-^)

松山市中心街の、大街道商店街全体が、1日目の会場。
買い物客や通行人も、足をとめて観戦していきます。

今年は、予選ブロックの内のひとつが、三越松山店のイベントスペース・アトリウムコート内に設けられたりも。
その隣では、「ぜんまいざむらいの世界」展をやってたりするのですよ(^-^;
……ぜんまいざむらいも大好きです(@@;


俳句甲子園予選Aブロックとぜんまいざむらいの世界

俳句甲子園・その2

俳句甲子園・その3
| 有谷まほろ | 俳句 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
[俳句]子規おりおり
この記事のカテゴリ……「俳句」っていうより「庚申庵」かも。
まぁいいや(^-^;

朝日新聞の愛媛版で、今年一年、毎日連載されているコーナーで、「子規おりおり」という、正岡子規の当季の句を一日一句紹介しながら書かれている短いコラムのコーナーがあります。

執筆は、夏井いつきサマ。
私が俳句活動をしている「いつき組」の組長です。

で、今日6月7日付の「子規おりおり」で、私の勤める庚申庵のことに触れてくださってます(^-^)
しかも、私の名前まで出していただいて……
わーキャー!ヽ(≧∀≦)ノ
ネットでも読める記事ですのでドーゾ。
   ↓↓↓
「子規おりおり」6月7日

町のど真ん中にある庚申庵でホタルが……ということで書いてくださいました(^-^)
ただ、念のために書いておきますと、庚申庵の通常開園時間は18時まで。
ホタル見物を楽しめる時間までは開いてないのです(^^;

先日のホタルまつりは特別に夜まで開園してホタル見物を楽しんだわけですが、アレはあくまでも特別で、イベントはすでに終了してるので、うっかり見られると思って夜に来園したりしませんように(>_<;
……まぁ、外から塀越しに覗いていただくぶんには構いませんが(@@;
| 有谷まほろ | 俳句 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
[俳句]愛媛マンダリンパイレーツ、松山での初戦
俳句集団いつき組の吟行会で、四国アイランドリーグの野球観戦に行きました。

「愛媛マンダリンパイレーツ」対「香川オリーブガイナーズ」の試合が、今季初の松山・坊っちゃんスタジアムで行われたのですよ(^-^)
いつき組の30名近くのメンバーは、今回はナント、記者室に入れていただいての観戦。
グラウンドが見渡せる特等席です。

で、句会のルールは、7回裏終了までに3句を投句するというもの。
試合終了後の限られた時間で、一人5句選での互選を行いました。

今回の人気句材は、主審の名前。

電光掲示板に表示されているその名前とは……「トミゾウ」。
カタカナ名は、審判にまで浸透しているのでした(@@;

試合結果は、愛媛が5−0で勝利!
愛媛マンダリンパイレーツの選手の方たちとの交流も少しあったりしまして楽しかったです(^^)

ちなみに、私、野球の初観戦でした(^-^;;
| 有谷まほろ | 俳句 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
[俳句]まる裏・俳句甲子園
夏に開催されているのは、高校生5人一組のチームで俳句を競い合う「俳句甲子園」。

そして、その俳句甲子園を応援する意味を込めて開催されている「まる裏俳句甲子園」。
今回で5回目の、高校生以外が参加できるイベントです。

本日、その「まる裏」が開催されまして、無事終了。
今年も私は台本担当の進行係でした。

いやもぅ、楽しいイベントでした(≧∀≦)
| 有谷まほろ | 俳句 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
[俳句]朧庵の更新
『朧庵』というのは、私が運営してる俳句のサイト。
開設してからもうかれこれ4年近くになるでしょうか。

3週間周期の更新で、オンライン句会を開催しておりまして。

……最近はいろいろな事に忙しくて、なかなかゆっくりとした時間を取る事ができなくなってるんですが、それでも、この更新作業の時間だけは確保してまして。

とはいえ、やはり一度にはなかなか時間が確保できず、何日かに分けて更新作業をしてるせいで、締切直後にはなかなか更新できないんですよね。
それでもまぁなんとか、1週間ほどで更新作業を完了させるようにはしてます。

ホントはもっと専念してやりたいんだけど、なかなかそうもいかないのよね(>_<;
俳句もこのところ、ロクに詠めてません(>_<;

というわけで、只今更新作業中。
先週が締切だったんですが、明日には完了できそうです(^-^;


ところで、今さっき『世界一受けたい授業』っていうテレビ番組で寿命の計算ってのをやってました。
男性は73歳、女性は80歳をスタートして、生活環境などの質問項目ごとに、当てはまったら年齢を足したり引いたりして、最終的に何歳になるかっていう……

やってみたら「87歳」でした。
男性としてはかなり高めみたい。

実際はどうかな?(^-^)
……それが分かる頃には忘れてそうですが(@@;
| 有谷まほろ | 俳句 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
[俳句]昨夜のTVドキュメント『俳句ガールズ』
NNNドキュメント'06『俳句ガールズ』……昨夜、録画セットしてあったんですが、録りながら見ました(^^;
俳句甲子園のドキュメント番組です。

熊本信愛女学院と、茨城の下館第一高校の密着取材でした。
当日は表に出てこない、俳句甲子園に臨む選手の“裏側”を見られるっていうのは良いですね。
みんないろいろな想いを背負って出場してるんだなと、改めて感動でした。

私なんて、実際のところ出場してる選手本人がどこまで俳句に思い入れを持って参加しているものかと思ったりもしてたんですが。
一回出場してみて成績が振るわずに、やっぱり…なんてすぐ諦めるんじゃないかという不安に似た気持ちさえ持ってたりもしたんですが。

「高校生活に俳句があってよかった」
俳句と、楽しく、真剣に付き合ってる高校生の姿を見ました。

思った以上に、参加する高校生は、俳句に対して真剣に向きあって、俳句と一緒に楽しんでいるなぁと、自分の事も省みたりするのでした。

今回優勝の熊本信愛女学院はじめ、多くの高校が、一度で諦めずに再挑戦してきて、その中で次第に力を付けてくるっていうのは、やはり俳句に心から取り組んでいればこそなんですね。

NHK・BSの『俳句王国』でも、俳句甲子園出場の高校生を集めたスペシャルみたいな回が放送されてましたが、普段の番組と比べても遜色の無い、堂々たるものでした。
すごい!
来年の10回大会が楽しみでなりません(≧∀≦)
| 有谷まほろ | 俳句 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
[俳句]いつき組ボウリング大会
「いつき組」という俳句集団はオモロイ集団でして、俳句集団なのに、スポレク(スポーツ・レクリエーション)部があったりします(^-^;

で、今日はそのスポレク部のボウリング大会。
もちろん、組長・夏井いつきサマも参加です。

ぅっはー、ボウリングなんて何年ぶりかなぁ〜、以前「らくやのぉ」っていうラジオ番組の、イベントで参加したボウリング大会以来かなぁ。
たしか、その頃の平均スコアは110〜120ぐらい。
大抵、スペアが取れずにスコアが崩れるのよねー。

なんてことを考えながら、いよいよゲームスタート。

……あれ?
なんか知らんけど、コントロールが良くなってる!?
おお、スペアが取れた、また取れた。
やったー、ストライク! おお、ダブル!!

ってな感じで、スコアが伸びていきます。
気が付くと1ゲーム終了して、スコアが159。

おぉー、自己ベストだ(@@;
これまでの自己ベストは157。15年ぐらい前にまぐれで出したスコアでした。
この時点で首位タイ。

2ゲーム目に入ると、少し足に来始めまして、そのせいもあってか、スペアこそ取れるんですが、ストライクが出ません。
ゲーム終盤。

えーいっ!

と投げたボールが、2フレーム連続でスプリット。
「あー、これがあの有名な“ビッグ・フォー”ってやつかぁ。(>_<;」

……果敢にアタックするも、ガーターに入ってしまって取れず。
結局最後までストライクが出せず、2ゲーム目のスコアは142。
トータル301で、第3位という結果に終わりました(^-^;

今回優勝した方からは、私の投球フォームがもの凄く綺麗で、最後まで勝てる気がしなかった……なんてお言葉を頂きました。
んー、残念。

あー、楽しかったっ(≧∀≦)
| 有谷まほろ | 俳句 | comments(5) | trackbacks(0) | - |
[俳句]俳句甲子園・TV全国放送
昨日・一昨日と書きました「俳句甲子園」ですが、実際の声として……
「これは実際に来て、観戦しないと面白さが分からない!」
と、来る人来る人が言ってます。
今回が初めてだった選手も先生もスタッフも観客も、多くの人が、現場に来て初めて、その魅力に取り付かれているのです(^-^;

とはいっても、もう今年は終わってしまいましたし、全国各地から松山に行くぞー……というわけにもなかなかいかないでしょう。

ということで、少しでもその空気を感じていただければと思いまして、昨日・一昨日の俳句甲子園の特集番組が全国放送されるぞーというお知らせです。

9月3日(日曜日)深夜……なので、実際は9月4日(月曜日)未明ということになるんでしょうか。
24時25分からだったか放送の、日本テレビ系列のドキュメント番組で30分、ご覧頂けるということです〜!

俳句甲子園の映画『恋は五・七・五!』は、2年だったか何年前だったかの、この特集番組を観た、荻上直子監督が興味を持ったところから生まれたそうな。

そんな番組なので、ぜひぜひ忘れないように観ましょうー!
っていうか、私が忘れそうだ(@@;

--------------------------------------------------------------------
『恋は五・七・五!』DVD
↓↓
恋は五・七・五! 全国高校生俳句甲子園大会
恋は五・七・五! 全国高校生俳句甲子園大会

ついでにノベライズも(^-^;
↓↓
恋は五・七・五!
恋は五・七・五!
中条 あかね, 荻上 直子
| 有谷まほろ | 俳句 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
<new | top | old>